がん保険と医療保険の違いはご存知ですか?

がん保険と医療保険の違いはご存知ですか?

がん保険と医療保険の違いはご存知ですか? 「がん保険」と「医療保険」の違いはご存知でしょうか。
ここでは、「医療保険」との違いを幾つか挙げさせていただきます。

「がん保険」はがんと診断されると診断一時金としてまとまった給付金を受け取ることができます。但し、この診断給付金は給付される対象が悪性新生物に限られるものと、上皮内がんだと提示されている保障金額の10分の1となっている場合があります。

また、この診断給付金は1回限りのものもありますし、再発した場合でも一定期間経過していれば再度給付があるなど商品によってことなりますので、比較検討される場合はこの点にも注目してみて下さい。
診断給付金は他の給付金と異なり比較的早く給付されるため、闘病生活において大変助かる制度です。

また、がんで入院した場合も、もちろん医療保険の給付対象となりますが、「医療保険」の場合は保障される入院日数に制限があります。
現在では60日型や120日型が主流となっていますが、がん治療の入院は長期間にわたる場合が多く、また再発などによる入退院の繰り返しなど他の病気に比べると多いですので「がん保険」では保障される入院日数に制限がないのが主流です。
但し、がん保険は加入から保障が始まるまで90日間の待機期間がある場合が大半ですので、保険をかけ直す場合などはこご注意下さいね。

最新のお知らせ

  • [2017年09月11日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年09月11日]
    運営者情報を追加しました。